ワイモバイル

ワイモバイルは、もともとイー・アクセスが展開している携帯電話部門のブランド名でした。

2005年1月5日に、イー・アクセスの完全子会社であり、モバイルブロードバンド事業の準備・企画会社としてイー・モバイル株式会社を設立し、総務省から新しく携帯電話用として割り当てられた1.7GHz帯へのW-CDMA方式による携帯電話事業への新規参入を表明しました。

同年11月9日に、総務省の電波監理審議会の答申によって、ソフトバンクグループのBBモバイル、アイピーモバイルと同時に事業計画の認定が発表され、イー・モバイルは総務省から携帯電話事業者として認可され、1.7GHz帯の電波免許の交付が行われました。

2007年3月31日、東名阪にて、HSDPAを利用したデータ通信を、2008年3月28日からは音声通話サービスを開始。2008年には日本全国で利用可能となったものの、音声端末に関しては、25道県は2010年10月31日までNTTドコモのW-CDMA(第3世代携帯電話・・・正しくは第3世代移動通信システムであり、3Gとも呼ばれていますが、その無線アクセス方式の1つで、NTTドコモ・Jフォングループが次世代移動通信システムの無線アクセス方式として採用されていました)ネットワークをローミング利用していました。モバイルナンバーポータビリティは、2008年3月28日から音声サービスの開始と共に対応も始めました。

ちなみにイー・モバイルは、当初はTD-SCDMAで携帯電話に参入すると表明し、そのつもりで2004年4月15日に実験局の呼び免許の取得、同年5月28日に本免許を取得して、フィールド実証実験も行っていたのですが、後に、会長の千本倖生氏が、現実的な選択肢を取る戦略に方針を展開したことで、W-CDMA方式への変更となったようです。

なお、ローミングというのは、携帯電話・PHS・インターネット接続サービスなどにおいて、事業者間の提携によって、利用者が契約しているサービス事業者のサービスエリア外であっても、その事業者のサービス提携先のエリア内であれば、本来の事業者と同様のサービスを利用できることを言います。ローミングというと国際ローミングを思い浮かべる方も多いと思いますが、この場合は、日本国内で契約している通信事業者を介して、海外の提携事業者の施設を利用することを言います。利用者が契約している国内の通信事業者と提携している海外の通信事業者のサービスを受けることを言います。ローミング=海外で使用するものというイメージがあるかもしれませんが、ローミングという言葉そのものは、利用者が契約している通信事業者のサービス範囲外であっても、その事業者と提携している他の通信事業者の設備を利用して、そのサービスの全部または一部を受けることを指すものであり、その対象となっている他の通信事業者が海外の通信事業者であるため、国際という言葉が付いているだけなのです。

また、モバイルナンバーポータビリティ(MNP)というのは、番号ポータビリティとも呼ばれています。番号ポータビリティとは、携帯電話・固定電話を利用する際、現在契約している電気通信事業者を変更したとしても、電話番号を変更しないまま継続して利用することができる仕組みを言います。そして、この番号ポータビリティのうち、携帯電話に関する番号ポータビリティをモバイルポータビリティ(MNP)と呼ぶのです。元々、このモバイルナンバーポータビリティは、電話番号の囲い込みの防止・予防と、各携帯電話会社が提供するサービスの向上・料金の低減化を目指して2006年10月24日から実施されたものです。日本の代表的な携帯電話会社は、NTTドコモ・au・ソフトバンクの三社ですが、例えば、モバイルナンバーポータビリティが実施される前は、例えばNTTドコモからソフトバンクに携帯電話会社を変更した場合、電話番号も変更していました。しかし、モバイルナンバーポータビリティが実施されたことで、NTTドコモからソフトバンクへ変更してもNTTドコモで使用していた携帯電話番号をそのままソフトバンクでも継続して使用できる・・・ということなんですね。これまでならば、電話番号が変われば、その旨を必要な相手に連絡する必要がありましたが、モバイルナンバーポータビリティによて電話番号が変更しないわけですから、わざわざ連絡する手間を省くことができるのです。ただし、携帯電話番号はそのまま使用することができても、Eメールアドレス・有料コンテンツは移行されませんので、その点は注意してください。まぁ、Eメールアドレスが変われば、周囲へその旨を連絡しなければならないので、人によっては、連絡する手間が省けるわけではないのでしょうけどね。

ワイモバイルでは、2007年3月に第3世代携帯電話(第3世代移動通信システム:3G)の高速規格であるHSDPAによるデータ通信専門サービスのEMモバイルブロードバンドを開始し、その後、音声通話への対応・NSUPA/HSPA+の導入による通信速度の高速化・無線LANモバイルルーターのポケットWiFiの発売などを経て、現在に至ります。

現在、ワイモバイルで提供している主なサービスには、スマートフォン/携帯電話サービス・モバイルデータ通信サービス・EMOBILE光・ADSLサービス・・・が挙げられます。

ワイモバイルのスマートフォン/携帯電話サービスについて

スマートフォン/携帯電話サービスでは、最近よく見聞きするテザリングを活用することができる他、高速データ通信も通話も快適に利用することができます。

テザリングというのは、スマートフォンをWi-Fi接続・USB接続を用いてWi-Fi対応機器であるパソコン・タブレット型端末・インターネット対応ゲーム機・電子書籍端末に繋ぎ、これらの端末をインターネットに接続させることを言います。自宅にADSL回線や光回線などの固定回線が引かれている場合であれば、自宅ではそれこそ自由にパソコンでもゲーム機でもインターネットに接続して利用することができますが、外出先ではそう簡単にはいきません。

自宅内に無線LANが構築されていても、それはあくまで自宅内のものだけですし、自宅から離れれば、当然無線LANの電波は届きません。公衆無線LANもありますが、これも局地的なものであり、いつでもどこでも好きな時にパソコンなどの端末にインターネットを接続する・・・というわけにはいきませんよね。もちろん、携帯電話・スマートフォンの回線・・・つまりモバイル回線では、スマートフォンはインターネットに接続することができますが、パソコン・タブレット型端末・ゲーム機ではインターネットに接続することはできないのです。

そこでスマートフォンが、モバイル回線と各端末の間に中継点として入り、モバイル回線の電波をキャッチし、それをWi-Fi通信にして各端末に飛ばすことで、インターネットを接続できるようになるのです。これならば、たとえ屋外であっても、いつでもどこでも好きな時にインターネットを利用することができますよね(ただし、ワイモバイルのサービスエリア内であっても、環境によっては利用できない場合もありますので、あらかじめ了承ください)。

このテザリングを利用すると、バッテリーの減りが早くなると言われていますが、それは確かにその通りです。テザリングを利用することで、Wi-Fi機器と常に通信し続けることになるので、バッテリーの消費量というのは、テザリングを利用していない時と比較すると、どうしても減りが早くなってしまいます。バッテリーを減らさずにテザリングを利用することはさすがにできませんが、スマートフォンの残量を気にせずに、長時間テザリングを利用してインターネットを楽しむことができるスマートフォンは存在します。それが、STREAM X(GL07S)なのですが、このスマートフォンであれば、テザリング機能をおよそ8時間連続で利用することができます(使用環境・電波状況によって連続可能な利用時間は変動しますが)。

また、テザリングでは、同時に接続することができる端末の数は限られています(端末によって差はありますが)。もし一度に複数人でインターネットを同時に接続したい場合や、複数の端末をインターネットに接続したい場合は、モバイルWi-FiルーターであるGL06Pが用意されています。このモバイルWi-Fiルーターならば、最大10台の端末を同時にインターネットに接続することが可能となります。更に、USBケーブル接続によって、もう1台の機器とも同時接続することができるため、接続台数を気にせずに使用することができます。友人知人が集まって、みんなでオンラインゲームで対戦したり、協力プレイをすることももちろん可能となります。

そして、通常であれば、テザリングを利用する場合は別途料金がかかるものです。しかしワイモバイルならば、テザリング利用による料金はかかりません。ただし、通信料はかかります。どうしても、テザリングを利用すると通信料が高額となってしまいますから、請求書を見てビックリしないように、契約する際に定額制のプランに加入することをオススメします。

現在、ワイモバイルでは、STREAM X・Nexus 5というスマートフォンが代表的な製品となっているのですが、このうちSTREAM Xは、ワイモバイルのサービスエリアだけでなく、ソフトバンクモバイル3Gのサービスエリアも利用することができ、より広い範囲の利用が可能となります。2つの業者のエリアを利用することができるのですから当然ですよね。ソフトバンクモバイルの3G回線も利用できるということは、たとえワイモバイルのサービスエリア内であっても、その場所がソフトバンクの3Gエリア内であるのならば、自動的にソフトバンク3Gサービスに接続され、スムーズに音声通話・SMS・データ通信サービスを利用することが可能となります。ソフトバンクモバイルの3G回線を利用するにあたって、別途申込み・手続きを行う必要はありません。更に、ソフトバンクモバイルの3G回線エリア内でインターネットに接続しても、追加料金が発生することはありません。

一方のNexus 5は、通信方式にLTEが採用されている他、900MHz帯を利用したプラチナバンドを含んだ3Gの通信方式も対応可能となっています。このLTEといのは、Long Term Evolutionの略であり、そして3Gの拡張版という位置付けになっています。データ通信をより高速化した規格であり、正確には3.9Gとなります。「あれ、4Gではないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、LTEは実は3.9Gなんですね。4GはLTE-Advancedという規格が該当します。しかし、LTEを4Gと称する場合も少なくありません(なお、LTEを4Gと呼ぶことは公式に認められています)。LTEの特徴は、やはり3G以上の高速通信が実現している点であり、一般家庭向けのブロードバンド回線(ADSL・光回線など)の回線速度にかなり近い通信速度を誇っているといっても過言ではありません。

プラチナバンドというのは、700MHz~900MHzno周波数帯域を中心とした極超短波の帯域のことです。そのなかでも、携帯電話事業者へ再割り当てが進められている700MHz・900MHzの空き帯域を指すことが多いようですね。この極超短波は、一度に伝送できる情報量がとても多く、それでいて比較的小型の送受信設備でも通信することができるのが特徴です。そのため、障害物はある程度まで迂回して伝わることができ、電気通信の用途でいえば、特に良質な周波数帯域となっているため、価値の高い帯域(=バンド)ということで、プラチナバンドと呼ばれています。このプラチナバンドは、2012年3月1日にソフトバンクモバイルが割り当てについて認定されたため、同年7月からプラチナバンドを使用した通信サービスが開始されています。Nexus 5は、ソフトバンクモバイルの3G回線も利用することができるため、プラチナバンドも利用することができるんですね。

ワイモバイルのEMOBILE光

ワイモバイルのEMOBILE光は、ワイモバイルがフレッツ光のサービス向けに提供しているインターネット接続サービスです。現在、EMOBILE光が対応しているフレッツサービスは、NTT東日本の場合は、フレッツ 光ネクスト(ファミリータイプ/ファミリーハイスピードタイプ・マンションタイプ・マンションハイスピードタイプ)・フレッツ 光ライト(ファミリータイプ・マンションタイプ)・Bフレッツ(マンションタイプ/ハイパーファミリータイプ)・フレッツ・ADSL(エントリー/1Mタイプ・1.5Mタイプ・8Mタイプ・モア/12Mタイプ・モアⅡ/40Mタイプ・モアⅢ/47Mタイプ)・オプションサービス(フレッツスポット)となっており、NTT西日本の場合は、フレッツ 光ネクスト(ファミリータイプ・ファミリーハイスピードタイプ・ファミリースーパーハイスピードタイプ 隼・マンションタイプ・マンションハイスピードタイプ・マンションスーパーハイスピードタイプ 隼)・フレッツ 光ライト(ファミリータイプ・マンションタイプ)・フレッツ光プレミアム(ファミリータイプ・マンションタイプ)・ Bフレッツ(ファミリー100タイプ・マンションタイプ)・フレッツADSL(1.5Mプラン・8Mプラン・モア・モア24・モア40・モアスペシャル)・オプションサービス(フレッツスポット)・・・となっています。

これら光回線を、自宅だけで利用するのではなく、光ポータブルなどのデータ通信端末、付属となっているEM chip(USIMカード)を利用することで、屋外であっても3Gモバイルデータ通信を気軽に利用することが可能となります。EMOBILE光であれば、プロバイダー料金とモバイル料金を1つにまとめることができるのも魅力的だと思います。

また、モバイルとフレッツ光をお得に利用できる新たな料金プランとして「フレッツ+昼割モバイル」が用意されています。これは、昼間である2時~20時までは、EMOBILE光の昼間定額型プランを適用してモバイル通信が使い放題となっており、夜間の20時~翌2時までは、フレッツ光を利用して自宅で高速インターネットを利用できる・・・というものです。ワイモバイルとフレッツ光の両方の利点が1つになっているプランなんですね。昼間、仕事などで外出先でインターネットを利用し、夜間は自宅でインターネットを利用する・・・という方(ほとんどがそうだと思いますが)には、非常にお得なプランなんですね。

ちなみに、光ポータブルというのは、NTT東日本・NTT西日本がフレッツ光の利用者を対象にレンタル提供しているWi-Fiルーターのことです。自宅内でフレッツ光の無線LANルーターとして利用できる一方、屋外でも3Gモバイルデータ通信を行うことができるモバイルルーターとしても利用することができます。ただし無償レンタルではなく、NTT東日本・NTT西日本それぞれからレンタル料として月額315円が別途必要となりますので注意してください。

このEMOBILE光では、オプションサービスとして、インターネット接続サポートはもちろんのこと、パソコン・周辺機器・マルチメディア機器などの操作・設定方法も含め、広範囲にサポートしてくれるEMワイドサポート(月額料525円)、シマンテック社のNorton 360(月額版)を利用した総合セキュリティサービスのEMセキュリティ(月額料498円)も用意されています。

ワイモバイルのADSLサービス

ワイモバイルのADSLサービスでは、ADSLサービスのみを利用できるEMOBILE HomeAccessと、EMもバイルブロードバンドとADSLサービスのセットが用意されています。

EMOBILE HomeAccessは、これまでにはなかった新しいタイプの高速インターネットサービスであり、ADSL回線事業者国内大手の1つであるイー・アクセス株式会社の高品質なADSL回線を用いたサービスです。完全定額であり、かつ月額料1,980円~(選択するプランによって異なります)という低価格が実現しているのも、EMOBILE HomeAccessは余計なオプションサービスは付けられておらず、必要なインターネット接続料金のみとなっているためなんですね。もちろん、価格は抑えられていても、高品質な回線とサポート体制は整えられていますので、快適にインターネットを楽しむことができますし、万が一何かあった場合でも、しっかりとサポートしてくれますので安心です。

また、現在用意されている料金プランには、タイプ1とタイプ2があり、タイプ1は電話回線(アナログ回線)を使ってADSLを利用する回線共有タイプであり、EMOBILE HomeAccess40(最大通信速度:下り40Mbps/上り1Mbps)ならば月額1,980円、EMOBILE HomeAccess50(最大通信速度:下り50Mbps/上り5Mbps)ならば月額2,880円となっています。タイプ2はADSL専用タイプであり、専用の回線を使用します。タイプ1と同じく、EMOBILE HomeAccess40とEMOBILE HomeAccess50があり、EMOBILE HomeAccess40(最大通信速度:下り40Mbps/上り1Mbps)ならば月額3,480円、EMOBILE HomeAccess50(最大通信速度:下り50Mbps/上り5Mbps)ならば月額4,380円となっています。

EMモバイルブロードバンドとADSLサービスのセットは、データ通信端末・携帯電話を用いたモバイルブロードバンドに、自宅でのブロードバンドのインターネットをセットにして提供しているサービスです。つまり、屋外ではワイモバイルのデータ通信サービスや携帯サービスを利用し、自宅ではADSL回線(固定回線)を使ってインターネットを楽しむことができる・・・というものですね。月額料金のイメージとしては、電話サービス/EMモバイルブロードバンドの月額料金とADSLの基本料金の合計が、このセット料金となる・・・といった感じです。

ワイモバイルのその他のサービスについて

スマートフォン/携帯電話サービス・モバイルデータ通信サービス・EMOBILE光・ADSLサービス・・・という主なサービス以外にも、ワイモバイルでは様々なサービスを取り扱っています。

通話サービスには、転送電話・割込通話・各種ダイヤルサービス・留守番電話・発信者番号通知・電話番号リクエスト・電話番号選択サービス・請求書発行サービス・明細発行サービス。メールサービスには、emobileメール・emobileメッセージアプリ(Android端末向け)・EMnetメール・ショートメッセージサービス(SMS)。サポート/セキュリティ面のサービスには、あんしん基本パック・故障安心サービス・EMワイドサポート・EMセキュリティ・EMセキュリティ for Android・緊急速報メール・WEBアクセス制限・災害用伝言板サービス。公衆無線LANサービスには、EM Wi-Fi SPOT・ソフトバンクWi-Fiスポット。国際サービスには、国際ローミング・国際電話・国際SMS。その他サービスとして、かんたんパネル・Webサービス・EMnet・テザリング・おサイフケータイ・・・などもあります(ワイモバイル公式ホームページより)。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。