ソフトバンク光の特徴

ソフトバンク光は、通信会社のソフトバンクグループが運営・管理している倫理値1Gbpsの光回線を利用したサービスです。最近コマーシャルなどで見かける機会も多く、気になっているという人も多いでしょう。

しかし、他の光回線のサービスとの違いが分かりにくいというのもまた事実です。そこでここでは、ソフトバンク光のサービスの特徴を紹介していきます。

ちなみに、ソフトバンクはヤフーBB光として光回線サービスを提供しており、その回線を使っている人も多いでしょうが、これはNTTが提供するフレッツ光の回線を利用して、プロバイダーにソフトバンクグループのYahoo!BBをセットにした物ですが、今回取り上げるソフトバンク光は、光コラボとして回線をNTTがソフトバンクに卸販売しているので、代理という形ではなく完全にソフトバンクが自社ブランドとして販売しています。

このサービスの売りは、auひかりなどと同じように光回線とスマートフォンなどの携帯電話の両方を販売しているソフトバンクグループが運営しているという点です。光回線と携帯電話の両方をセットにする事で料金を割引したり、支払いをまとめる事で明細の管理などが分かりやすくなるというメリットがあります。

料金面で言うと、高速インターネットが月額3800円~利用可能で、集合住宅の場合は基本料金込みで月額3800円、一戸建ての場合は月額5200円どちらの場合もプロバイダー(Yahoo! BB)込みの価格です。初期費用は、立ち会い工事が必要な場合は事務手数料込みで2万7000円、立ち会い工事が不要な場合は事務手数料込みで5000円となります。

これに加えて、プロバイダーのYahoo! BBに含まれるYahoo! メールなどの基本サービスの料金として300円~利用可能です。

割引サービスとして特徴的なのがおうち割光セット(旧称スマート値引き)と呼ばれる割引サービスです。これは、ソフトバンクモバイル携帯を持っているユーザーの場合は2年間は携帯代が500円~2000円の割引になり、3年目以降もおうち割光セットとして毎月最大1008円の割引が受けられるというサービスです。割引は、申し込むデータ容量によって異なり、2GBで500円、5GBで1522円、10GBで2000円の割引が受けられる仕組みです。

更に定期的なキャンペーンで、割引額の増額やスマートフォンのデータ容量を増やせるサービスなどが付く場合もあります。

家族のソフトバンクモバイルユーザーすべてが対象になるので、仮に4人家族すべてがソフトバンクユーザーだった場合、毎月2000円前後の割引が受けられる計算になります。

ただし、これらの割引を受けるには、光電話や地デジパック などの有料オプションサービスに加入する事が条件となっています。

この他の特徴と言えるのが、工事の手間が不要(マンションに光ファイバーの施設が無いマンションや戸建ての場合はフレッツ光以外の光回線を利用していた場合工事が必要)という点でしょう。もともとフレッツ光ネクストに加入していた場合、工事費と解約金が掛かりません。転用手続きも電話やインターネットで済みます。プロバイダーの解除料もYahoo! BBを利用中であれば、解除料は掛かりません。

そして、一番のメリットは光回線の特徴である、倫理値1Gbpsのスピードでしょう。パソコンでのインターネットが快適になるのは言うまでもありませんが、Wi-Fiで繋がるタブレットやスマートフォン、携帯ゲーム機などの速度も向上が見込めるので、家のどこに居ても高速インターネットが出来ます。スマートフォンで、動画やゲームを多くする人やパソコンなどで重たい動画をストリーミングで見る機会が多い人には、ピッタリなサービスと言えるでしょう。

一見すると、良いこと尽くめに思えるかも知れませんが、注意しなければならない点もいくつか存在します。前述した、ソフトバンク光とソフトバンクモバイル携帯のセット割引は、回線と携帯電話の2つ同時に加入して初めて受けられる物で、大きな値引きが受けられる反面、加入後何年かの縛りが掛かるケースがあります。もしどちらかを解除するとなると、割引サービスが受けられなくなるだけではなく、1年~2年の比較的短い期間で解約するとなると、違約金が発生する可能性も否定出来ません。

そう考えた場合、余程の理由が無い限り、おいそれと回線や携帯電話を解約するという判断が難しくなり、回線と携帯電話を変更しにくいという弊害が起こり得ます。

まとめると、光回線自体の月額料金は、他のauひかりやフレッツ光などその他の光回線サービスと比べると劇的に安い訳ではありませんが、今現在ソフトバンクモバイルやワイモバイルの携帯を2台以上持っているという家族であれば、充分に検討する価値があるでしょう。

逆に、auやドコモなど他の携帯キャリアの携帯を持っているという場合は無理に乗り換える必要性は今の所無いでしょう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。