FXのシステムトレードとは

システムトレードとは、投資を行う際に、裁量(その人の考えにそって判断・処理すること)ではなく、あらかじめ決めておいた一定のルールに従って売買を行う方法を言います。自動売買取引とも言われているのですが、ルール(システム)を事前に決めておき、それに従って、機械的に、そして継続的に行う取引なんですね。

海外では、このシステムトレードは、有効な投資スタイルの1つとして幅広く使用されており、日本でも、一流と呼ばれているトレーダー(株式・債券・為替などを、比較的短期で売買し、利益を得ている者)たちも、このシステムトレードを使って取引をしている方は多いのだそうです。インターネットで調べてみると、よく「シストレ」という言葉を見かけますが、これはシステムトレードの略であり、システムトレードを使って取引している人のことをシステムトレーダーと呼びます。ちなみにシストレ24というのは、インヴァスト証券が提供しているシステムトレードツールのことです。

続きはこちら

auひかりのキャンペーン

auひかりは期間限定のものも含めて、さまざまなキャンペーンを展開しています

期間限定のものだと、すぐに終了してしまいますが、かなりお得なサービスとなっているものが多いので気になっている方は常にチェックしておいた方が良いでしょう。

また数万円ではなく10万円を超える割引や実質無料といったものもありまして、そういった大きなものは先着何名といったように全員が利用できるものでない場合も多々ありますので早めに申し込むことも大事となっています。

続きはこちら

ソフトバンク光の特徴

ソフトバンク光は、通信会社のソフトバンクグループが運営・管理している倫理値1Gbpsの光回線を利用したサービスです。最近コマーシャルなどで見かける機会も多く、気になっているという人も多いでしょう。

しかし、他の光回線のサービスとの違いが分かりにくいというのもまた事実です。そこでここでは、ソフトバンク光のサービスの特徴を紹介していきます。

ちなみに、ソフトバンクはヤフーBB光として光回線サービスを提供しており、その回線を使っている人も多いでしょうが、これはNTTが提供するフレッツ光の回線を利用して、プロバイダーにソフトバンクグループのYahoo!BBをセットにした物ですが、今回取り上げるソフトバンク光は、光コラボとして回線をNTTがソフトバンクに卸販売しているので、代理という形ではなく完全にソフトバンクが自社ブランドとして販売しています。

続きはこちら

ワイモバイル

ワイモバイルは、もともとイー・アクセスが展開している携帯電話部門のブランド名でした。

2005年1月5日に、イー・アクセスの完全子会社であり、モバイルブロードバンド事業の準備・企画会社としてイー・モバイル株式会社を設立し、総務省から新しく携帯電話用として割り当てられた1.7GHz帯へのW-CDMA方式による携帯電話事業への新規参入を表明しました。

同年11月9日に、総務省の電波監理審議会の答申によって、ソフトバンクグループのBBモバイル、アイピーモバイルと同時に事業計画の認定が発表され、イー・モバイルは総務省から携帯電話事業者として認可され、1.7GHz帯の電波免許の交付が行われました。

続きはこちら

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。