洗顔石鹸でピーリング

ピーリングは、肌の表面にある古い角質を除去し、ターンオーバーによって皮膚の排出をスムーズに行って新しい細胞生成を促す効果があります。

エステサロンや美容外科などで、様々な肌トラブルの治療として行われているほか、自宅でもピーリングできるスキンケア化粧品なども多く販売されています。

自分で簡単にできるピーリング商品の1つに、洗顔石鹸でピーリングする方法があります。

本来、ピーリングとは、AHAというフルーツ酸などが配合されたピーリング剤を使用します。

このAHAを肌につけることで、古い角質などが落ちるようになっているのですが、この成分を洗顔石鹸に配合することで、ピーリングが可能となるのです。

AHAには濃度があり、使用する人の肌の状態によって濃度が変化します。

濃度が高ければピーリング効果も高く、濃度が低ければピーリング効果は低い…となるわけですが、肌にとっては、ピーリング効果が高ければ肌への刺激が強くなってしまいます。

「強いピーリング効果を得たい!」と思っていきなりAHAの濃度の強い洗顔石鹸を使ってピーリングを行うと、人によっては肌に負担がかかりすぎてしまって、更に肌トラブルが進んでしまう恐れもありますので注意して下さい。

ですから、最初はまず、濃度の薄いものを使うのがベストかもしれませんね。そして様子を見て、大丈夫そうであれば、濃度を上げていくといった感じで。

また、洗顔石鹸でピーリングを行う際に注意したい点は、あまり外出前には洗顔石鹸によるピーリングを行わない方が良いという点です。

これは洗顔石鹸によるものだけでなく、自宅でもエステサロンなどでピーリングを行う場合も同じなのですが、紫外線には十分に気をつける必要があります。

ピーリング後の肌というのは、いわばむき出しの状態であり、何の保護もされていません。

そこに紫外線を浴びると、何もバリアされていませんから、ダイレクトに紫外線の影響を受けてしまうのです。

AHA濃度によっても異なりますが、それでも洗顔石鹸でピーリングを行う場合は、夜の就寝前に行うのが賢明で安全だと思いますよ。

自宅で簡単にピーリングができますが、洗顔石鹸でピーリングをした後は、しっかり保湿を行い、肌を休ませてあげて下さい。

肌に必要なものまでピーリングによって除去されてしまうため、洗顔後のケアを怠るととんでもないことになりますよ。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。