P.F.C.D 石鹸について

肌を過剰に甘やかさず、肌本来が持っている機能を信じたケア…これを念頭に置いている【P.F.C.D】では、スキンケアの基本中の基本である【洗顔】についても同様のコンセプトを持っています。

P.F.C.D 石鹸には、朝用ソープの【サボン クレール】と、夜用ソープの【サボン フォンセ】の2種類を取扱っています。

前者のサボン クレールには、肌の皮脂の分泌をコントロールし、快適で正常な肌状態を保つための【タルク】が配合されています。

そのため、夕方まで、テカリや乾燥を肌から防いでくれるのです。

朝のスキンケアをした直後はよくても、時間が経ってくると、だんだんと肌の状態が乱れてきますよね。

サボン クレールならば、そんな心配は不要です。更に、顔のどの部分でも皮脂の分泌をコントロールしてくれるので、どの部分でも常にベストコンディションの状態をキープしてくれるのです。

また、【タルク】以外にも、肌に活力を与える【フルーツエキスブレンド】やピーリング効果もある【AHAブレンド】、肌を軟らかくする【コーンスターチオイル】も配合されています。

そして夜の洗顔というと、まずクレンジングで化粧や汚れを落とし、そして洗顔…というのが当たり前のようになってきていますが、P.F.C.Dではサボン フォンセを使った洗顔1度だけで全てを行える石鹸となっています。

サボン フォンセにいは、天然由来成分が多く配合されています。

肌を滑らかにする【スイートアーモンドオイル】や、ピーリング効果のある【レモンエキス】、炎症を鎮静させ、油性の汚れを落とす【ハマメリスエキス】、肌に透明感を与える【ソウハクヒエキス】などです。

P.F.C.D 石鹸は、朝用のサボン クレールも、夜用のサボン フォンセでも、配合されている成分は、肌機能の1つである【ターンオーバー】を正常に働かせるための肌の状態を整えてくれるものばかりです。

【不要なものを排除する】というだけで、かなり肌の状態も変わってくるんですよね。

P.F.C.Dについて


【P.F.C.D】は、保湿と洗顔を追及した【洗顔石鹸】を取扱っているメーカーです。

【洗顔】は、スキンケアの基本中の基本です。どんなに肌に良い成分を与えようとしても、肌に汚れがついていては浸透するものも浸透しなくなってしまいますし、意味がありませんよね。

「しっかり汚れや余分な皮脂を落とす」というのが、洗顔の意味であると思います。

しかし、P.F.C.Dが追求している洗顔石鹸は、それだけではないんですよね。

というのも、P.F.C.Dのコンセプトでは、【肌を甘やかしすぎない】というのがあるんです。

あまりに「蝶よ花よ…」と大事にされすぎた肌は、肌本来の機能、肌自身が持っている力を退化させてしまい、スキンケアで与えられる美容成分に依存してしまうのだとか。

確かに、美容成分や保湿成分は肌に必要ですが、あまり過剰に与えすぎて、肌を過保護にしすぎるのも良くない…というのは、判ります。

P.F.C.Dでは、常にそれを念頭におき、肌を甘やかすケアではなくて、「肌を自立させるケア」に力を入れています。

具体的に説明すると、P.F.C.Dでは、【肌の機能に備わっていないものだけを、人の手によってケアする】ということ。

肌自身が出来ないことは【汚れを落とすこと】なんですね。ですから、これだけは人間の手でしなくてはいけません。

しかし、【再生力】や【保湿力】は肌に備わっている機能なので、敢えてそれはしなくても良い…というわけです。

ですから、P.F.C.Dの考えでは、【古い角質や汚れ、余分な皮脂をしっかり排除する】【肌本来の機能が低下する肌を保湿でサポート】を重点しています。

確かに、保湿成分や美肌成分の種類も多いですし、スキンケア化粧品も本当にたくさんの種類がありますから、「たくさんあって当たり前」という考えが普通になってきています。

乾燥しないようにするならば、この成分とこの成分を…と、与えることが当たり前になってきているんですよね。

しかし、肌の機能を信じていれば、そこまで過剰にケアしなくても大丈夫…という考えは、なるほどと納得させられました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。