正しい洗顔方法

いつまでも若々しく、美しく健康な肌を維持するためにはスキンケアはとても大切です。そんなスキンケアのなかでも、やはり洗顔は基本であり、洗顔がしっかり行われていなければ、洗顔後の化粧水やクリーム・美容液・乳液でどんなにお手入れをしても意味がありません。目には見えませんが、肌には様々なものが付着してします。

空気中に漂っている塵・ホコリ・排気ガス・二酸化炭素…など、外出時はもちろんのこと、室内にいても肌に驚くほど付いているものです。更に、メイクなどをすれば化粧品も肌にとっては余計なものです。これらの汚れをしっかり落とし、そして正しい洗顔方法を知っておくことは、美肌を目指すためにとても大切なことです。

正しい洗顔方法は、まず顔に触れる手を清潔な状態しておく必要があります。自分が思っている以上に、手には様々な雑菌や汚れが付いています。そんな手で洗顔石鹸などを泡立て、そして肌を洗えば、それらの雑菌や汚れがそのまま顔に付いてしまうことになります。

それに、手が汚れていると、なかなか泡立たなかったりもします。ですから、洗顔を行う前に、まずはしっかり手を洗って清潔な状態にしておいて下さい。

そして、先に泡を使わずに水で肌を洗うわけですが、この時、肌の体温に近いぬるま湯を使うことをオススメします。冷たい水は、毛穴を締めてしまうので、毛穴の奥にある汚れを落とすことができなくなってしまいます。また、逆に熱いお湯で洗うと、肌についている脂質を落としすぎてしまう他、すぐに肌が乾燥したりして、肌にダメージを与えてしまいます。ですから、あくまでも体温に近いぬるま湯がベストです。

ぬるま湯で顔を濡らすことにより、毛穴を開かせて、汚れを浮き出させることができます。毛穴の汚れが気になる方であれば、洗顔前に蒸しタオルを広げて顔にしばらく当てておくと、毛穴を十分に開かせることができますよ。ただし、やりすぎてしまったり、頻繁に行っていると、毛穴が開いてしまうのがクセになってしまいますので、定期的に行うのが良いと思います。

洗顔せっけんのを泡立ててきめ細かな泡を作ったら、鼻と額の部分…一般にTゾーンを呼ばれているところを洗って下さい。この時注意したいのが、十分に泡立てるということです。泡に肌や毛穴の奥にある汚れなどを吸着させていくので、泡がなければ洗顔の意味はないと考えても過言ではないと思います。

十分にきめ細かな泡を作るのは難しそうに感じるかもしれませんが、洗顔石鹸の場合、泡立てネットなどを使うと簡単に短時間でふんわりモチモチの泡を作ることができますよ。

洗顔石鹸にもよりますが、この泡立てネットが付いている商品も多くありますし、泡立てネットだけももちろん販売されています。なお、何故、Tゾーンを先に洗うか…というと、Tゾーンは皮脂の分泌がとても多い場所なんですね。そのため、先に洗って余分な皮脂を取っておくと良いのです。

洗わずに、ただTゾーンに泡をのせておくだけでも効果がありますが、洗顔なのですから洗って下さい(笑)その後に、頬・口元・顎付近・目のまわり…と順に洗っていって下さい。

この時注意したいのは、肌をこするように力を入れてはいけない、ということです。きめ細かな泡を使いながら肌を優しくマッサージするように洗うだけで十分に汚れや皮脂は落ちますから、ゴシゴシと強い力を入れて洗うのは避け、指の腹でなでるようにして洗って下さいね。汚れを取りたいがために力強くこすったのでは、肌を傷めてしまう危険があり、逆効果です。

もちろん、泡を落とす際も、ぬるま湯で行って下さい。最後にぬるま湯で顔を洗う際は、泡が残らないように徹底して、しかし優しく落とすようにして下さい。例え低刺激で天然由来成分が配合されている洗顔石鹸であっても、いつまでも肌に石鹸の成分を付けたままで良いわけがありません。泡で顔を洗った時間の2倍~3倍ほどの時間をかけて、しっかりとすすいで下さいね。

毛穴を締めるために、最後のすすぎを冷水で行う方もいますが、その場合は、ぬるま湯で汚れをしっかり落とした後、パッティングするように冷水で顔を何回が洗うと良いですよ。洗顔後は、肌の乾燥を防ぐためにすぐに化粧水などで肌を整えて下さい。肌の表面にある皮脂というのは、肌から水分が蒸発しないようにバリアの役割も果たしているのですが、洗顔後はそのバリアである皮脂が失われています。

ですから、通常時よりも蒸発してしまいやすくなっているんですね。乾燥も肌トラブルの原因ですから、肌が乾燥しないよう、素早くスキンケアを行って下さい。

また、洗顔を行う回数は、朝に1回、夜に1回がベストです。夏に汗でべたべたしたり、ニキビができていると、つい気になって洗顔の回数を増やしてしまいがちです。確かに、肌についた過剰な脂質や汚れを落として、常に清潔な状態でいることは重要ではあるのですが、洗顔をしすぎてしまうのも、肌にダメージを与える原因となってしまいますので、洗顔回数には十分に気を付けて下さい。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。