洗顔せっけん洗顔せっけんと洗顔フォームの違い

正しくいえば、洗顔フォームも洗顔石鹸に該当するのですが、一般的に洗顔せっけんといえば固形石鹸を表していることが多いので、洗顔石鹸とは別に洗顔フォームというカテゴリが作られているように思います。

洗顔フォームは、半固体状の洗顔せっけんとなっていますが、ただ形状が異なっているだけが違いではありません。それぞれに配合されている成分も異なっています。簡単に判りやすく説明すると、合成界面活性剤が含まれていないのが洗顔せっけん、含まれているのが洗顔フォームです(もちろん、洗顔石鹸でも、合成界面活性剤が含まれているものもありますので注意して下さい)

洗顔フォームには、油脂成分と水がよく混ざるように、そして肌に浸透しやすいように多くの合成界面活性剤が使用されています。そして、合成界面活性剤にも様々な種類の成分がありますが、そのほとんどは石油で作られています。確かに、合成界面活性剤を原料として使用すると、価格も安く抑えることができますし、先にも挙げたような、乾燥以外で肌がつっぱることもありません。

しかし、肌に石油成分が付着すれば、肌にどういったダメージを与えるかは想像しなくても判ります。そもそも、半固体状になっている時点で、合成界面活性剤が使われているわけですから、正直なところ、合成界面活性剤が含まれていない洗顔フォームというのは、ほぼないと思います。

その点、洗顔石鹸であれば、合成界面活性剤を配合していないものも多く、またオリーブやバームなどの自然の資源やリソースだけを上手に使って作られているものがほとんどなので、肌に与える負荷もかなり少ないのです。

今は、洗顔石鹸を使用している方も増えていますが、少し前までは圧倒的に洗顔フォームを使用している方が多くいました。その理由の1つに、保存しやすい…というのがあります。

使った後、しっかりキャップ(蓋)をしておくことができるので、余計な水や汚れが付く可能性も軽減されますし、何より、洗顔フォーム自体の保存期間も長いんですよね。

しかし、洗顔フォームの保存期間が長いということは、防腐剤や添加物も多く含まれているということになります。洗顔石鹸にも含まれているものは多く存在しますが、それでも洗顔フォームよりも少ないんですよね。

洗顔せっけんでも洗顔フォームでも、洗顔した後に肌がつっぱった感じになる方がいらっしゃいますが、同じ肌がつっぱる…といっても、その原因は異なっている場合があります。一概には言えませんが、洗顔せっけんの場合は、石鹸に含まれているアルカリ成分が、肌の表面についた汚れや古い角質などを溶かした後、カルシウムの膜を張って肌を保護してくれます。その膜のつっぱった感覚が、肌のつっぱりに感じることがあるのです。

ただ、その理由で肌がつっぱっている場合は、徐々にカルシウム膜と肌が中和していきますから、つっぱり感は解消していきます。皮脂を取りすぎてしまったために起こる肌のつっぱりとは違い、肌にダメージを与える可能性はとても低くなっています。

一方、洗顔フォームを使用した場合に起こる肌のつっぱりは、洗顔フォームに配合されている合成界面活性剤が必要な皮脂までもを取り除き、乾燥によって肌がつっぱってしまうことが多いです。洗顔フォームは、基本的に水と合成ポリマーがベースとなり、更に合成界面活性剤が加えられています。この合成界面活性剤が含まれている量というのは、洗顔せっけんよりも多めです。洗顔中は、水分が多いので肌がつっぱるような感覚はありませんが、水やぬるま湯でそそぐ際、必要な皮脂までもを界面活性剤が除去してしまうのです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。