洗顔石鹸のアルムドダウムについて

洗顔石鹸のアルムドダウム(ARUM de DAUM)は、韓国の素材を原料とした無添加洗顔石鹸専門店です。

本当にたくさんの種類の洗顔石鹸が、アルムドダウムで取り扱われているのですが、どれを選んでも無添加・・・というのは嬉しいですよね。

肌を美しく健康にするため、そして

肌トラブルを改善するための基本として洗顔があるのに、保存料や着色料などの添加物がふんだんに使われていたら、肌に良いわけありませんから。

洗顔石鹸のアルムドダウムは、合成保存料、合成着色料、防腐剤、合成界面活性剤などは一切使われいません。

韓国のスキンケア化粧品には、伝承植物を原料としているものが多くあります、

伝承植物とは、古くから言い伝えられている植物のことで、もちろん天然植物です。伝承植物の種類はとても豊富なので、どれを原料として使うかによって、効能や効果も異なってきます。

洗顔石鹸のアルムドダウムは、そんな伝承植物を日本人女性の肌にもあうように配合して作られた洗顔石鹸なのです。

洗顔石鹸のアルムドダウムで取り扱っている洗顔石鹸の種類には、黄土、桑黄(サンファン)、冬虫夏草、魚せい草、センシティブ、コロイドシルバー、クロレラ、竹炭、山羊乳、緑茶があります。

簡単に分けると、敏感肌に合うのは、黄土、センシティブ、山羊乳。乾燥肌は、黄土、桑黄、センシティブ、山羊乳。脂性肌にあうのは、サンファン、冬虫夏草、魚せい草、コロイドシルバー、竹炭、クロレラ、緑茶…となります。

普通肌の方はどの種類も安心して使えますよ。

韓国でも日本同様、四季があります。

肌は常に外気に晒されているわけですから、肌の状態も季節によって異なります。

日本人女性と韓国人女性では、肌のタイプはやや異なっている部分もあるかもしれませんが、季節によって肌の状態が変わり、過酷なダメージから肌を守ることについては、同じなんですね。

また、洗顔石鹸のアルムドダウムは、顔を洗うだけでなく、全身にも使うことが出来ます。

なんとシャンプーとして髪を洗ったり、髭剃り時にも、石鹸を泡立てて使うこともできるそうです。

家族でも、それぞれ肌のタイプは異なりますから、自分にあった洗顔石鹸のアルムドダウムを探し、それぞれ家族で使うことも可能ですよ。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。